チリモツモレバ…

本当は面倒くさがりで3日坊主な私だけど。「塵も積もれば山となる」を信じて少し頑張ってみるブログ。懸賞・ポイ活など

あなたにとって家族はみんなママなのね。

今日は、我が家の次男くんのお話です。

 

1歳半になる次男くん。日々話せる言葉が増えてきました。

さすが男の子。大好きな電車や車はしっかり認識してるようで、目に入るたびに「デンシャ」「ブーブ」と言うこと反射のごとしです。

あとは、犬は「ワンワン」。猫も「ワンワン」ライオンの雌も「ワンワン」。確かにね、似ているけどね。

 

ここらへんの単語は、このくらいの年齢の子のド定番ワードですが、うちの子ならではなワードといえば「イッチャタ」とか「イクヨ〜」。

「イッチャッタ」は、私がよく「パトカー行っちゃったね。」「パパお仕事行っちゃったね」と、頻繁に話しかけていたせいか、次男くんも「イッチャッタ」とよく使います。

「イクヨ〜」は、長男くんの口癖で、ママに見てほしいことがある度に「ねえねえママ、○○するからね、見ててね。いくよ〜。」と一日に何度も話しかけてくるのを、よく聞いているからでしょう。次男くんも、何か見てほしいことをする前には、必ず「イクヨ〜」と声を掛けてきます。

 

そうそう、あと今朝から、まさかの英語も話しはじめました。「シーユー(see you)」って。ペンでタッチして遊ぶ本があって、時間が経つと「see you」と言って自動で電源が切れるのですが、そのマネをしているらしい。

今朝いきなり、「シーユー」と言い出すもんだから、驚きました。

 

で、今日の本題ですが、一番よく言うワードは「ママ」。自慢じゃないけど、かなりのママっ子で、ママのこと大好き。

ご飯はママじゃないとストライキすることもあったし、パパが寝かしつけしようとするものなら、この世の終わりかのように泣き叫ぶ。

そんな次男くんは、パパのことも「ママ」。長男のことも「ママ」。みんな「ママ」と呼びます。

 

普段なにげなく「パパパパ〜」とか言ってるので、「パ」の発音はできるはずなのにね。断固としてパパのことも「ママ」と呼びます。家族のことを「ママ」と呼ぶのだと認識しているのかな?それはそれで、ちゃんと家族と認識しているのは立派だな〜なんて思いました。←親ばかすみません。

 

いつ「パパ」と呼んでくれるようになるか、今から楽しみです。